『BAR 俺らの家まで』

去る6月23日
僕がギター講師として通う
RHY音楽教室の
発表会がありました

受講生の数が膨大で、全員が集うと大規模になってしまうので
ジャンルを絞り込んでの『ミニ発表会』です

ちょっとしたパーティーイベント的な雰囲気になります

今回は、弾き語りやアコースティックギターに焦点を絞っての企画で
そのプロデューサー的な役どころを、ぼくが受け持ったわけです

いろいろ考えあぐねた結果
『長渕剛』を中心に据え、いくつかのアトラクションを立ち上げることにしました

・・・長渕のコピーをやる生徒の方々
・・・長渕チックにストイックに楽器の習得に励む方々
そんな彼らを暖かく迎える
『BAR 俺らの家まで(長渕剛の2枚目のシングルのタイトル)』という仮想空間をこしらえる・・・

その仮想空間のために
過去の僕の秘蔵長渕グッズ(ツアーパンフや雑誌の切り抜きなど)
を押し入れから引っ張りだし、会場に敷き詰める・・・

秘蔵音源の試聴会をやる

また、発表会のとりで
昔の僕の夢(!?)だった
長渕剛の名曲『MOTHER』を
チェロを交えて弾き語りする事・・・

とても発表会とは思えない
実に偏ったイベントをやってしまったものです

楽しかったなあ

想像以上に
人が『集まらなかった』ことも(泣)

長渕をやる人が、
一人だけだったことも(切)

それも含めて、愉しかったなあ
(もちろん出演いただいた長渕以外の生徒さんも抜群に良かったし、イベント自体も大盛り上がりでしたよ)


思い起こせば
ぼくは、『リトル長渕』な10代を過ごしたわけで
今でこそ、自分の表現スタイルを追求していますが
『ものつくり』に対する姿勢の部分で受けた影響は随分残っています
純粋無垢でシンプルで

でもどうだろう

はじめて、あの真摯な音楽に触れた瞬間。
そして『自分』というものを、音楽やギターの中に求め始めた瞬間。
死ぬまで音楽を創り続けると心に決めた瞬間。
あれから20年。

手、抜いてないかなあ
『しんどい』という短絡的な感情に、まけてないかなあ

・・・そんな自問自答も含めて

僕にとっては有意義な日々を
こっそり過ごしていました
[PR]
by skoproject | 2007-06-28 02:51
<< ナナナナロック ウイークエンド >>